講師について

~ プロフィール ~

武田 沙樹
国立音楽大学音楽教育学科卒業
脱力・フィンガートレーニング認定講師(DFT認定講師)
リトミック研究センター指導者会員

都立高校勤務後、
「大好きなピアノを通して音楽の楽しみや喜びを分かち合う仕事がしたい!」
と思いピアノ講師の道へ進む。
2021年5月、脱力・フィンガートレーニング認定講師(DFT認定講師)となりました。
より美しい音で弾けるように、ピアノのための身体の使い方、力の抜き方について研修を重ねています。
地域のリトミックサークル活動や、地元のライブハウスでデュオライブなども行っています。
🎵ブログ🎵

~ 講師としての想い ~
私がピアノを始めたのは小学校1年生のときでした。
本当に単純に、
「ピアノを弾けたらステキかもしれない!」
と思い、母に習わせてくれるようお願いしました。
習い始めて少しずついろんな曲を弾けるようになると、本当にうれしく、楽しい毎日でした。

もちろん憧れの曲を弾くためのに必要なテクニックを身につけなければいけないこと、表現が思うようにできないつらさもあります。
しかしそこへ挑戦することで音楽への喜び、感動がより深まり、気が付けばピアノを学び続けることが生活の一部のようになっていました。

大好きな曲が自分で演奏できる!
この曲楽しい!
次はどんな曲が弾けるのかな!

そんなこどもの頃の小さな喜びや好奇心は、

“音楽と自分の心が通い合う瞬間”
“ピアノを弾くことで自分を表現すること”

を体験していくことで、どんどん大きな喜びとなり癒しとなります。

当教室では音楽(ピアノ)が日々の楽しみ・心の癒し・喜びとなるようにお手伝いしたいと思っています。